返済も無理なく進められる

カードローンは手軽に借入れができ、つい使い過ぎてしまう危険性もあります。現在は総量規制という法律によって、限度額が年収の1/3を超えないようになっています。使い過ぎると言っても、年収400万円の人が200万円も300万円も借金ができないようにはなっています。

 

それでも、使い過ぎには注意した方が賢明です。何故なら、借入金額によって毎月の返済の負担が大きくなってしまうからです。

 

カードローンの返済額は、借入残高に応じて増えていくタイプが多いです。例えばプロミスの場合、借入残高30万円以下なら、残高の3.61%(1,000円未満切り上げ)が毎月の返済額となります。5万円の借入れならば、1,805円を繰り上げて、2,000円が返済額となります。

 

これ位なら大した負担ではありませんが、残高10万円なら返済額は4,000円、残高20万円ならば返済額は8,000円と、利用に応じて返済額は増えていきます。プロミスのカード利用者の多くは、限度額50万円以内に収まっていますが、もしも50万円借りた場合、毎月の返済額は13,000円となります。

 

無理なく利用するコツとして、まずは借り過ぎないのが大切です。頻繁に借入れを繰り返していると、あっという間に限度額に達してしまいます。もう1つのコツは早期返済です。5万円借りたとして、毎月2,000円返済していても、中々借入残高は減りません。多めに返済していった方が、残高に余裕ができるので無理なく使えるようになります。

 

ただし少しずつの返済で進めると金利の負担から最終的な利息総額が大きくなってしまうので、返済が長期かしそうと感じるのであれば借り換えでのカードローンとして低金利での借り入れ先を探すのも手です。